不動産のよくある質問はこちら

資産活用のススメ

不動産を活用する理由

不動産に投資することが、資産活用になるのはなぜ?
金融商品との比較
超低金利の時代にあっては、株などの金融商品で資産活用することは非常に難しいと言わざるを得ません。また、高利回りの商品にはリスクも伴います。それに対して、不動産投資は市場性を考慮しながら物件を選ぶことにより、リスクを少なくすることができ安定した資産活用が期待できます。また、融資を受けた場合であってもその返済は家賃収入等で充当できますし、税金の面からも優遇される場合があります。
金融資産との比較
現金や預金などの金融資産は、インフレになれば当然目減りするのでその価値は大きく下る可能性もあります。対して例えば大家経営をしていれば、家賃収入は極端に下がることはないので安定した収入を持続することも可能です。

以上の理由により、住まいアップタッケンでは、資産活用として不動産投資をおすすめしてまいります。


土地活用の流れはこちらからご覧になれます

投資物件を購入したい

投資の目的を明確にし、自分の投資スタイルを見つける

まずは自分が何故不動産投資をしたいのかを明確にしましょう。現金収入が欲しい、節税対策のために、年金のかわりに、など様々な目的があると思います。自分の投資スタイルをはっきりさせましょう。
同時に不動産投資についての知識を学習することも必要でしょう。その際に書籍を参考にされる場合、著者により様々な投資スタイルが書かれていたり内容が違っていたりするので、複数の情報源を参考にするとよいと思います。

予算、物件のタイプを決める

ある程度不動産物件について学習をすれば、どのくらいの予算で、どのようなタイプの物件を探せばいいのかわかってくると思います。ワンルームなのか、アパート経営なのか、都心のビルがいいのか、物件のタイプを絞り込んでいきましょう。
また目的別にも物件選びのポイントがあります

現金収入が欲しい
より多くの収入を安定して長期間得ることが目的となります。物件の用途や立地、利回りなど想定されるリスクと合わせて判断しましょう。
年金のかわりに
長期的な視点で物件のニーズや間取り、設備などを考えましょう。また、年金が必要になる時期までに借入金の返済が終了できる価格なのかもポイントになります。
節税対策のために
損益のコントロールや他の所得とのバランスなどを長期的に見て、本当に節税になるかを慎重に判断しましょう。専門家などに相談して慎重に判断しましょう。
  • マンション・アパート経営に興味のある方はこちら
  • 自宅を貸すことに興味のある方はこちら


  • 不動産を借りたい
  • 不動産を買いたい
  • 不動産を貸したい
  • 不動産を売りたい
  • 不動産何でも相談
  • 不動産の資産活用

不動産の資産活用のススメ

住まいアップタッケンブログの新着情報!

しばらくお待ちください。